chinese arm chair / 肘掛け椅子

中国の明時代の肘掛け椅子 2脚セットです。
アームと背のフレームは同じ太さで作られています。背中の模様もシンプルなもの。その背もたれも背中のラインにピタリと沿ってくれるので座り心地も良いです。
ところで中国の椅子は一般的な椅子よりも座高が高くなっています。これは脚部の下のバーに足を乗せて座る為とちょうどよい高さになるからなのですが、 ではなぜ足をそこに乗せるのかというと、中国の寒い冬の床からの冷気を少しでもやわらげる為なのだという話を聞きました。なるほどなと思いました。

明時代の家具は椅子に限らず装飾などが最小限にとどめられていて、シンプルに線や円の美しさで構成されていいます。名だたるデザイナー達の デザインソースがこういった中国の家具からきていることは言わずもがなです。

品番
co160607
サイズ
幅.625 奥行.465 高さ.990 座高.510 mm
素材
配送サイズ
Cサイズ 配送料金表
価格
200,000(税込)※2脚セット

[特記事項]
・作られた年代は清末期〜中華民国時代(19世紀後半〜20世紀中期)くらいではないかと思います。
・2脚セット

[コンディション]
ところどころに見受けられる細かい傷や目立たない汚れもこの製品の雰囲気を作り出す要素の一つとお考え頂ければ幸いです。 その他詳細につきましてはお問い合わせください。