exhibition 2017 02 / found object

「木という素材に導かれるままに削り出し形になっていく福井守さんの作品。それは子供の頃に河原や山で見つけては少し特別な場所に置いて 飾ったり、どこかに仕舞っておいては時折取り出してながめたり触ったりした、自分だけの大事なもののように僕たちの目に映ります。
本展では彼の手から一つ一つ生まれてくる作品の ”部屋に飾る” という側面に焦点を当て、店内の様々な場所に、飾ったり、並べたり、ただ置いてみたり、 あるいは隠したりしてみました。店内に散りばめられたたくさんのオブジェの中から、特別な一つを見つけに是非お出かけください」

on the shore にちなみ、大雨の後に川で拾い上げた木や波打ち際に打ち寄せられた木など、水辺に関わる場所で出会った素材を使った作品を 多く制作していただいた。
また期間中、写真家の高橋マナミさんに撮影して頂いた福井守さんの作品の写真も展示した。

会期
2017.2.17 - 2.28
作家
福井 守 / mamoru fukui
協力
デザイン / 吉田 ナオヤ | hiba
写真 / 高橋 マナミ

[ 福井 守 / mamoru fukui ]
プロダクトデザインを学び、デザイン事務所を設立。様々な企業とデザインやプロダクトを手掛けた後、2014年に独立。 河原や山の中、廃材など様々なところで出会った様々な樹種の木々を、素材に導かれるままに削り出した彫刻作品を製作し発表している。