on the shore - オン・ザ・ショア

Blog Archives

2016.04.02 Sat

500

この度on the shoreでは、「旅」をキーワードとして世界で失われていく手仕事を残す活動をしているインテリアショップ Rungta
展開する “Rungta Dhurrie rug series” から特注のラグを発表し、それに合わせて下記日程にて展示会を開催します。
詳しくはこちらの exhibition ページをご覧ください。

会期    4月29日(金)〜5月10日(火) ※会期中無休
会場    新宿区早稲田鶴巻町560-5,1F on the shore
営業時間  12:00-19:00 ※通常日祝日は18:00までですが、会期中は毎日19:00まで営業いたします
facebook  イベントページ

Rungta を知ったのは、ちょうどインドのラグを紹介する企画展を開催中だった昨年の秋でした。この時に紹介されていたコットン製のラグは “Dhurrie” というインドの伝統的な平織りの敷物で、その技術は古くから織り職人の家系にのみに受け継がれてきた、非常に貴重な手仕事なのだと彼らから教えて頂きました。
良質のコットンを用いて、全て手で織られるそのラグの技術や品質はもちろん素晴らしかったのですが、特に良いなと思ったのはそのラグに表現されたインド特有の模様でした。見せて頂いた貴重な資料には、宗教的なものから自然や動物をモチーフにした大胆なものまで、自由で素晴らしい模様がたくさん記録されていました。「デザイン」されたものではない「無作為」な美しさがそこにありました。

今回発表するラグは5種類。どれも貴重な古い資料を元に復刻したもので、今では作られていない柄ばかりです。会期中は Rungta の扱う様々なインドの製品やクラフトも販売するので、そちらも合わせてお楽しみ頂けると思います。

インドのめざましい経済発展における開発の影響などで、ラグを織ることができる職人が減り、伝統が徐々に衰退しつつある状況にあるそうです。そんな中 Rungta は、長い年月をかけて現地の職人たちと信頼関係を結び、パートナーとしてその生産を継続させることでその技術を守るという、素晴らしい活動を継続してきました。
今回そんな彼らと一緒にラグを復刻できたことをとても嬉しく、またこの素晴らしい製品が流行り廃りで消費されることなく、多くの人に長く使われるといいなと思っています。

”Rungta Dhurrie rug series” ~ indian traditional techiniques and patterns ~

2016.04.01 Fri

1

2

3

4

4

4月のお休み ・・・6(水)、7(木)、13(水)、14(水)、20(水)、21(木)、27(水)、28(水)
また、4/29(金)~5/10(火)の期間 on the shore にて、《Rungta Dhurrie rug series ~ indian traditional techiniques and patterns ~》と題した展示会を開催します。こちらの詳細は追ってお知らせしていきますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

さて、この時期はやはり桜ですが、早稲田駅から on the shore へ向かう早大通り沿いにはシダレモモが咲いています。綺麗だなと思っていた先日、ご来店されたお客様で数年前まで早稲田にお住まいだったという方からこんな話を伺いました。
このシダレモモ(通り沿いの花壇に結構たくさん植えてある)はこの辺りのある住人の方が勝手に植えてしまったものなのだそうで、それを知った区からは撤去の要請があったのですが、「いやいやとても綺麗だから撤去はもったいないでしょうよ」、という圧倒的多数の近隣住民たちの声で撤去を免れ、今年もまた綺麗な花を咲かせてくれている、というなんとも素敵なはなさか住人と近隣住民のお話でした。なんだか心温まるエピソードですね。いや、そうでもないかな?どうだろう。

それにしてもシダレモモとは、なんとも綺麗で可愛らしい花を咲かせてくれるのですね。

Category: holidays | Author: | Tags: , ,  | 
2016.03.29 Tue

誠に勝手ながら、本日は午後6時30分までの営業とさせていただきます。
急なご案内となり大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

Category: holidays | Author:  | 
2016.03.28 Mon

old chinese door / 中国の古い扉

中国の古い扉です。高さが150cmくらいなので普通の扉ではなく飾りや壁として使われていたものではないかと思います。
下の部分に絵が描かれています。子供の絵です。その上から塗装がされています。格子も格好いいです。
蝶番をつければ自立するので、お部屋の仕切りなどに使ってもいいかもしれません。内装の際に壁にはめ込んで使うのも素敵だと思います。
2枚組での販売です。

old chinese door / 中国の古い扉

2016.03.17 Thu

2016 02 / 飛松陶器的灯飾加老上海的家具 lightware + old shanghai

exhibiton のアーカイブページに先月開催した飛松陶器の展示会をアップしました。また、facebookにも展示会のアルバムを作りwebで紹介仕切れない画像もアップしました。是非ご覧ください。

exhibition 2016 02 / 飛松陶器的灯飾加老上海的家具 lightware + old shanghai
facebookアルバム《飛松陶器的灯飾加老上海的家具 lightware + old shanghai》

2016.03.14 Mon

飛松陶器

飛松陶器のライトウェア、先月発表された新作の「triangle L」と以前からあるコレクションから「cylinder S」を webサイトに追加しました。是非ご覧ください。

triangle L
cylinder S

Category: craft | Author: | Tags: , , ,  | 
2016.03.11 Fri

beni ouarain ベニワレン 2016 03

これから暖かくなりますが、先月まとまってベニワレンとアジラルが出てしまったので新たにベニワレンを3枚モロッコから取り寄せました。今回の3枚はどれも2mより小さなサイズなので、6畳~8畳などのお部屋でもお使い頂けるのではないかと思います。
夏は敬遠されがちなウールですが、ベニワレンは素足ではもちろん、夏の空調の涼しい空気でもひんやりしてとても気持ちが良いのでおすすめです。
是非ご覧ください。

rug,fabric / ラグ、ファブリック ページ
beni ouarain is-008
beni ouarain is-009
beni ouarain is-010

2016.03.08 Tue

本日、3月8日で on the shore は2周年を迎えることができました。
都内近郊のみならず全国から足を運んでくださるお客様、取引をさせて頂いている会社や作家の皆様、同業の先輩方、スタイリスト・ライター・雑誌編集部の皆様、そしてコーヒーやビールを飲みに遊びに来てくれる友人達に心からお礼を申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

写真は2年前のオープンのご案内メールに添付した上海にあるアンティークショップの写真です。この店を訪れる度、この写真を見る度に、オープン時に壁がピンクでもいいな、と思ったことを思い出します。そして去年のブログでは「壁の色を変える予定はありませんが」と書いているのですが、ピンクに変えてもいいかなと思っている3年目です。

2016.03.07 Mon

even 4月号

エイ出版社から発売されているゴルフ雑誌 EVEN vol.90 2016年4月号 P220 の「PLAY OFF eve recommend #3 It’s my ACE」のスタイリングページで、上海アールデコのサイドテーブルを使って頂きました。是非ご覧ください。

EVEN vol.90 2016 4月号

2016.03.03 Thu

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai

飛松陶器の展示会が昨日で終了いたしました。on the shore で開催する初めての作家の展示会ということで、果たして早稲田という陸の孤島のような場所へ来てくださるのだろうか?という不安をよそに、雨の初日から会期終了の12日間毎日大勢の方にご来店頂くことが出来ました。心からお礼を申し上げます。
会期は終了しましたが昨年から取り扱いをさせて頂いていた、accordion cone Mpolygon に加えて、新作のtriangle L と cylinder S の2種類も店頭で展示をすることにしました。webサイトにも近日中にアップ予定です。もちろんそれ以外の作品も全てお取り寄せが可能ですので、お気軽にご相談ください。

飛松陶器さんは来月4月には銀座の森岡書店さんで展示会を開催されるそうです。きっと素敵な展示になると思いますので、是非皆様も足を運んでみてください。

on the shore は明日3/4(金)は臨時休業を頂いて、翌5(土)からまた営業を再開いたします。皆様のご来店をお待ちしております。


2016.03.01 Tue

飛松陶器 odd line

3月のお休み ・・・3(木)、4(金)、9(水)、10(水)、16(水)、17(木)、23(水)、24(水)、30(水)、31(木)
※4(金)は展示会の片付けの為臨時休業とさせていただきます。誠に申し訳ございませんが、ご来店の際はご注意ください。
また9(水)はお休みですが、店内で映像の撮影を行っております。撮影時間外でしたら店内もご覧いただけますので、ご来店をご希望される場合はご連絡ください。

写真は飛松陶器の新作花器 odd line #3 vase / white。oddとは英語で奇数を意味します。奇数の割型(#3というのは3つの割り型によって作られるシリーズ)によって作られる真っ白な花器。型の製法上生じるバリをわざと残しています。
この2種類の花器は同じ型をつかって作られていて、上下を逆さにしてそれぞれ使えるように作られています。とても美しいです。一見静物画のようにも思えます。

開催中の 飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai は明日3/2(水)が最終日となっております。夕方5-6時くらいには飛松さんも来ていただける事になりました。少し遅くまで開けておりますので、是非ご来店ください。お待ちしております。

2016.02.26 Fri

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai 地図上海租界1932年の地図

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai 桜華道家:深澤隆行氏による生花

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai triangle-L新作のライトウェア triangle L

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai accordion人気の accordion cone M

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai ベース新作花器 odd line #3 vase A / Graze on Graze

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai 外夜外から

開催中の飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai は会期の折り返しを迎えました。少しですが会場の様子です。
これから週末にかけては天気も良く暖かくなるそうです。土日は飛松さんも在店されます。是非お出かけください。お待ちしております。





2016.02.23 Tue

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai

飛松陶器の展示会、飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai は通常定休日の2/24(水),25(木)も営業しております。
全14種類のランプシェードが全て店頭でご覧頂けるこの機会に是非ご来店ください。明るい時間帯も良いのですし、暗くなってからの時間帯も幻想的な雰囲気で綺麗です。写真はガラスに映り込んだシェード。宙に浮いているようにも見えますね。皆様のご来店をお待ちしております。

会期    2月20日(土)〜3月2日(水)*会期中無休
会場    新宿区早稲田鶴巻町560-5,1F on the shore
営業時間  12:00-19:00※日曜日も19時まで営業いたします
在廊日   20(土),21(日),27(土),28(日)

2016.02.20 Sat

飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai

本日から飛松陶器の展示会、《飛松陶器的灯飾加老上海的家具 / lightware + old shanghai》が始まりました。
新作のランプシェード triangle L、花器、タンブラーが中心ですが、ランプシェードは全14種類を店頭でご覧頂けます。老上海家具との空間も他では見られないいい雰囲気になりました。深澤隆行さんによる添え花も素敵にして頂いています。
初日の今日と明日、来週の土日は飛松さんも在店して頂いていますので皆様是非足をお運びください。お待ちしております。

2016.02.07 Sun

急なご連絡となりますが、明日2/8(月)は臨時休業とさせていただきます。誠に申し訳ございませんが、ご来店の際はご注意ください。

※今週の2/10(水)は通常どおりの定休日ですが2/11(木)は祝日になりますので12:00~18:00で営業いたします。合わせてご確認くださいませ。

Category: holidays | Author:  | 
2016.02.07 Sun

exhibition201510beniouarain

展示会の情報を紹介するページを作りました。
昨年10月に開催したベニワレンなど過去の展示会は店内画像とともに概要を紹介しています。今月末からの飛松陶器さんのものなど開催予定また開催中の展示会は概要のみ紹介し、最新の情報などはこちらのブログやfacebookにアップしていく予定です。是非ご覧ください。

2016.02.03 Wed

大谷哲也

白い磁器の器を作られている大谷哲也さんの器を少しだけ仕入れました。
お茶を飲む為に作られた、お茶を飲む時に使いやすいものを選んでいます。

大谷哲也-ティーポット

ティーポット
L size W.160 D.115 H.105
M size W.145 D.100 H.95
S size W.125 D.95 H.90
水切りがよく、お茶が垂れません。持ち手も持ちやすいです。

大谷哲也-カップ

茶杯+茶托
茶杯 size Φ.60 H.35
茶托 size Φ.85 H.15
中国ではこれくらいの小さな杯子(ベイズ。カップのこと)にお茶を注ぎ、飲んでは注ぎ飲んでは注ぎと、何杯も飲みます。

大谷哲也-茶筒

茶葉入れ
丸型 size Φ.65 H.85
筒型 size Φ.60 H.90
内蓋と外蓋の2重です。

大谷哲也-片口

奥 片口
W.85-90 D.80 H.105-120
手前 サーバー W.130 D.100 H.90
お茶にはだいたい80度くらいの温度が良いと聞きました。それ以上のお湯を注ぐとお茶の香りが飛んでしまうからだそうです。沸かしたお湯を一度冷ます用途に片口やサーバーが良いと思います。

大谷哲也-壺


Φ.110 H.215
カタログにはないようですが、壺も一つ作っていただきました。見ていると心が落ち着くような、静かで繊細さを感じる少し青がかった白い磁器の地肌。
一つあるだけでその空間が成り立つようにも思えるし、雑多な中にあってもその存在を感じられるようにも思えます。

Category: craft | Author: | Tags: , , ,  | 
2016.02.02 Tue

飛松陶器的灯飾加老上海的家具

この度on the shoreでは、飛松陶器の展示会を開催いたします。
今回は新作の灯具(ライトウェア)と花器をメインに展示。そしてそれらの作品が老上海家具の空間で演出されることで、今までとは違った飛松陶器の表情をお見せできるのではないかと思っています。皆様のご来店をお待ちしております。

会期    2月20日(土)〜3月2日(水)*会期中無休
会場    新宿区早稲田鶴巻町560-5,1F on the shore
営業時間  月〜土 12:00-19:00、日/祝 12:00-18:00
在廊日   20(土),21(日),27(土),28(日)
問い合わせ  tel:03-6228-0657 mail:info@on-the-shore.com
facebook   https://www.facebook.com/events/1664460283841809/
デザイン   smb et smb

【飛松陶器 / 飛松弘隆】
1980年佐賀県生まれ。多摩美術大学工芸学科で陶芸を専攻。卒業後は陶芸家のもとで助手として経験を積んだ後、陶磁器作家『飛松陶器』として制作活動を開始。磁器の泥漿鋳込み型によって作られるテーブルウェアやライトウェアを中心に作品を発表している。

【泥漿鋳込みとは】
泥漿(でいしょうと読む。磁土に水を加えた半液状のもの)を石膏でできた型に流し込む。すると徐々にその泥漿の水分が石膏型に吸われて行き、石膏型の内側に皮膜が形成される。作品に応じた塗膜ができた頃を見計らって余分な泥漿を外へ出し、型ごと乾燥させる。乾燥後に型から外し素焼きと本焼きを経て作品となる。気温、湿度、型の乾燥具合、泥漿の状態などに影響を受けるので、データ以上に経験が重要になる制作方法。

2016.02.01 Mon

大谷哲也

2月のお休み ・・・3(水)、4(木)、10(水)、17(水)、18(木)、19(金)
※11(木)は祝日の為12:00〜18:00で営業、19(金)は展示会準備の為臨時休業、24(水)、25(木)は展示会の為営業いたします
また、2/1(月)、2/2(火)の2日間は外出の為16:00までの営業とさせていただきます。
大変申し訳ございませんが、ご来店の際はご注意ください。

大谷哲也さんの白い磁器の器が少量ですが入荷しました。近日中にブログにて紹介させていただきます。
また、今月のお休みの予定にも書いた通り、2/20(土)から飛松陶器さんの展示会を開催いたします。こちらも詳細は追ってお知らせしますので、楽しみにお待ちください。

※2/2追記。2/5(金)は午後1時からの営業となります。ご注意ください。

Category: holidays | Author:  | 
2016.01.21 Thu

beni ouarain beni m'guil kilim

年明けに入荷したベニワレン、ベニムギルドを web にアップしました。今回はアフガニスタンのヴィンテージキリムヘイベというバッグも1枚づつですがアップしております。どちらも柄、コンディションともに非常に良い物になりますので、是非ご覧ください。

rug,fabric / ラグ、ファブリックページ
beni ouarain is-005 / ベニワレン is-005
beni ouarain is-006 / ベニワレン is-006
beni m’guild is-007 / ベ二ムギルド is-007
kilim gh-001 / キリム gh-001
heibe gh-002 / ヘイベ gh-002

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »