on the shore - オン・ザ・ショア

Blog Archives

2015.08.28 Fri

上海アールデコチェスト

上海アールデコのドレッシングミラーの付いたチェストです。
まずミラーの枠に施された装飾をご覧ください。上海アールデの特徴とも言えるものではないでしょうか。 鏡の両脇につけられた動物の手のようにも見える彫刻が存在感を放っています。背板に見られるのは雷紋でしょうか、 中国では魔除けの意味をもっているそうです。ミラーも面白い形をしていると思います。引き出しは6段。ここもそれぞれにアールデコの装飾が施されていて、すべての段が繋がって模様が完成するようになっています。

チェストとしての収納力はもちろんありましす、ちょうどいい高さにあるミラーはドレッシングミラーとして 使いやすい高さやサイズだと思います。全体的な雰囲気は素晴らしいものがある逸品ではないかと思います。

shanghai ART DECO chest with mirror / 上海アールデコ ミラー付きチェスト

2015.08.25 Tue

上海アールデコサイドテーブル

上海アールデコのサイドテーブル、長方形のものになります。
天板は合板が使用されています。大きく4分割された部分とそれを囲む縁の部分に、色の濃淡を違えた突き板をはることで 面白いパターンに仕上げられています。また突き板の木目が斜めになるように使われていて、 フローリングのヘリンボーン貼りのようにも見え高級な印象を与えてくれます。
脚部には無垢材が用いられているので、強度もしっかりとあります。サイドテーブルとしては使いやすい長方形サイズで高さも 約55cmなので、ソファサイドなどでのご利用に良いと思います。

shanghai ART DECO rectangle sidetable / 上海アールデコ レクタングルサイドテーブル

2015.08.21 Fri

上海アールデコ-八角テーブル

上海アールデコのテーブルです。
天板とベースが中国では哲学的な意味も持ち、縁起がいいとされる八角形をしています。四方には模様と線のアールデコ彫刻が施され側板(脚部)があり、それがベースにつながっています。脚部の真ん中(中央)は空間が空いており、雑誌等を置いたり小さな照明を飾っても良いかもしれません。81x81cmの天板はお茶や軽食くらいであれば4人でも使えるサイズだと思います。お部屋の真ん中に置いても存在感があり、使いやすい形をしたテーブルです。
もちろん構造自体はしっかりしていますので、安心してお使いいただけます。

shanghai ART DECO octagonal table / 上海アールデコ 八角テーブル

2015.08.18 Tue

夏休みを利用して、奈良県東吉野村から兵庫県篠山市へお引越しされた福井守さんの工房を訪ねました。
篠山市はかつて篠山藩の城下町として栄えた歴史ある街で、篠山城址とお堀の周りには現在も古い町並みも保存されているという素敵なところでした。新しくオブジェもお願いしてきたので、完成が楽しみです。

夏季休業から戻り、本日から営業しています。通常定休日である水・木曜日の明日19日と明後日20日も営業いたします。皆様のご来店をお待ちしております。

fukui mamoru sebato 工房

fukui mamoru sebato材料

fukui mamoru sebato 道具

fukui mamoru sebato削る

fukui mamoru sebatoやすり

fukui mamoru sebato デスク

fukui mamoru sebato 台



2015.08.16 Sun

low table Qing Dynasty / 清時代後期のローテーブル

中国、清時代後期のローテーブルです。
引き出しの両側に施された装飾を見るとわかるように、以前入荷したコンソールと同時代のものだと推測されます。 塗装はすこし光沢がある朱色のものが施されています。引き出しが1段ついているので小物を収納することが可能。 また棒を刺して引き出しに鍵をかけることができるようになっています。幅64cm、奥行き44.5cmと、ローテーブルとして使いやすいサイズではないでしょうか。
全体的に見られる細かな傷や塗装の剥がれからは年月を経ていることが見受けられます。独特の雰囲気をより強く感じることができ、アンティークの風合いを楽しめると思います。

low table Qing Dynasty / 清時代後期のローテーブル

2015.08.11 Tue

上海アールデコチェア

上海アールデコの椅子です。
背もたれの彫刻と脚部の装飾が特徴的なアールデコのものになっています。シンプルな形をしていますので、モダンなデスクやテーブルとも合わせやすいと思います。シートハイも44.5cmで一般的な高さで、板の座面ですが座り心地も良いです。
イギリスなどのチャーチチェア(教会の椅子)にもにたデザインだったりもし、そのあたりが上海アールデコ・老上海のアバンギャルドな時代を感じさせてくれる要因ではないでしょうか。在庫2脚あり。

shanghai ART DECO chair / 上海アールデコ チェア

2015.08.09 Sun

old shanghai book case / 老上海 書棚

老上海の書類収納です。
ガラスの入った扉をスライドさせて開閉させます。収納は4段。内寸は、幅.955 奥行.300 高さ.340 mm。数ミリ程度の誤差はありますが、大きな写真集や図録なども余裕を持って収められます。食器収納としても使えそうですので、中にもう一段棚板を造作しても良いかもしれません。商品の展示用什器としても面白いのではないでしょうか。
高さも180cmあるので、置いた空間に対しての存在感、また木の風合いやその佇まいは他の上海家具同様に格別なものを感じます。

old shanghai book case / 老上海 書棚

2015.08.08 Sat

コットンラグ

シンプルな幾何学模様をあしらった、インドの良質コットンを用いた手織りラグをセールにします。
ウールや化学繊維のラグマットは遊び毛が出て管理が大変。また冬は暖かくて良いですが夏はちょっと暑く感じることがありますが、こちらのラグはコットン製なので、夏はさらっと涼しく、冬は温かく足元を包んでくれます。通年使えて、また汚れてもご自宅で手洗いして日陰で干すなど、お手入れも簡単です。

対象は写真の薄紫色グレー/ブラウンの2色。サイズは使いやすい1.8m x 1.2mで、どちらも店頭に展示していただけの新品で各1枚づつです。
是非ごご覧ください。

インドのコットンラグ 薄紫
インドのコットンラグ グレー/ブラウン

商品に関するご質問やご注文はメールお電話でも受け付けております。お気軽にご連絡ください。



2015.08.07 Fri

de-ram-cup-and-saucer

オランダの de ram という陶磁器ブランドのカップ & ソーサー。1929年の製品です。
シンプルで軽く、取手の部分は広いので非常に持ちやすいです。デザインなどで特徴的なところはありませんが、機能的で日常生活で使う道具としては良いと思います。
6脚ありますので、来客用のセットとしていかがでしょうか。

cup & saucer

2015.08.02 Sun

old shanghai tiletop sidetable / 老上海 タイルトップ サイドテーブル

老上海のタイルトップサイドテーブルです。天板がタイルになっています。
和平飯店のものと同じタイルで、色が違うものが使われています。和平飯店のテーブルのタイルは日本の会社のもの(社名不明)が使われており、こちらも同じ会社のものと思われます。当時の建築などでは日本製の素材(特に陶器やタイル)を使ったものも多かったようなので、そういう経緯で使われたのではないでしょうか。
こちらのサイドテーブルは高さが73cmあり少し高めです。植物やオブジェなどを飾る台として玄関先やお部屋のコーナーなどで使うのに良さそうです。

old shanghai tiletop sidetable / 老上海 タイルトップ サイドテーブル

2015.08.01 Sat

東京旧市街地を歩く

8月のお休み ・・・5(水)、6(木)、13(木)〜17(月)、26(水)、27(木)※13(木)〜17(月)は夏季休業とさせて頂きますが、通常定休日の、12(水)、19(水)、20(木)は営業いたします。ご来店・お問合せの際はご注意ください。

12日(水) 12:00~19:00 ※通常定休日ですが営業します
13日(木) 夏季休業
14日(金)   ↓
15日(土)   ↓
16日(日)   ↓
17日(月)   ↓
18日(火) 12:00〜19:00
19日(水) 12:00~19:00 ※通常定休日ですが営業します
20日(木) 12:00〜19:00 ※通常定休日ですが営業します

写真は森岡書店 森岡督行氏著の「東京旧市街地を歩く」。ヨーロッパの街には存在しますが、日本には存在しない「旧市街地」。日本における「旧市街地」とは・・・という森岡さんの視点で、東京にある近代建築や橋などを巡り、写真とともに紹介されている一冊です。1年半前、on the shore を開くにあたって見て回った街で気になった建物もいくつか収められていました。森岡さんが本書で書かれているように、なんとなく見慣れた東京の街もこういった視点で見ることで、今まで感じなかった興奮を感じることができるのではないでしょうか。添えられた文章もとても興味深い内容になっていますので、是非ご覧になってみてください。

「東京旧市街地を歩く」
著者 森岡督行
発行 株式会社エクスナレッジ
デザイン 新保慶太+新保美沙子 (smbetsmb)
写真 高橋マナミ

デザインは東京都庭園美術館リニューアルのデザインを手がけられた新保慶太+新保美沙子さんのsmbetsmb。写真も同じく庭園美術館の写真を撮影された高橋マナミさんです。ロゴやサイトのデザインも素敵なのですが、特に高橋マナミさんの写真はドキッとするようなきれいな写真だとおもいました。

2015.07.31 Fri

shanghai art deco coat hanger

上海アールデコのコート&ハットハンガー。古い材を用いて、古いデザインを元に作られたリプロダクトになります。
僕自身、今まで見たことがない、ちょっと変わったデザインをしていると思い仕入れました。フックは3箇所。面白い形に切り取られた板に付いたフックに、帽子、コート、マフラーなど別々に掛けることができるようになっています。真ん中のバーには傘などを掛けられそうな感じです。
ベースの上にもバッグなどの荷物が置けるくらいのスペースがあるなど、機能的にも優れたハンガーだと思います。

shanghai ART DECO coat & hat hanger / 上海アールデコ コート&ハットハンガー

2015.07.26 Sun

ART DECO chest / アールデコ チェスト

アールデコのチェストです。
以前入荷した アールデコのデスクと非常によく似た作りの製品です。同じ工房で作られたものではないでしょうか。丸いフォルム、弧を描く背板は鏡だったのか今となってはわかりませんが、元々はドレッサーのような物だったようにも思えます。脚部のデザインも個性的で僕には生き物のようにも見え、とても面白いと思います。余計な装飾がなく非常にシンプルですが、雰囲気があり他には無い製品ではないでしょうか。
収納としてはとても使いやすく、幅もありますので洋服などをしまうのにはとても良いと思います。

ART DECO chest / アールデコ チェスト

2015.07.25 Sat

chinese glass showcase / 中国のガラスショーケース

 中国のガラスショーケースです。こちらは今回の仕入れの際にお客様からご依頼を頂いて買い付けてきたものになります。写真の通り元々は背中が鏡(バッチリ撮影する人が映り込んでいます)だったものを、お客様からのご依頼でガラスに入れ替え、4面ガラスにしてのお届けをさせて頂きました。本日納品に伺ったのですが、設置される場所を拝見して納得。窓からは特に今の季節綺麗な緑のお庭が見えて、開放感のあるリビングの雰囲気を壊すことなく溶け込んでいます。

 将来お子様にも残せるような家具を、ということで今回のキャビネットを含めお家に置くものを選んでいらっしゃるお客様のとても素敵なお部屋でした。

chinese glass showcase / 中国のガラスショーケース

chinese glass showcase / 中国のガラスショーケース

chinese glass showcase / 中国のガラスショーケース


2015.07.21 Tue

上海アールデコチェア

上海アールデコの椅子です。
シンプルな形、背もたれに装飾が施されています。座面もすわり心地が良いように、くぼみが付けられています。脚部の装飾はイギリスのものの影響が感じられ、その上でやはり上海の雰囲気も兼ね備えている、そんな椅子ではないでしょうか。
雰囲気があるので玄関やリビングに1脚置いておくのもいいですし、もちろん実際にデスクやダイニング用の椅子としてお使いになるものいいです。

shanghai ART DECO chair / 上海アールデコ チェア

2015.07.19 Sun

chinese-chair

中国の肘掛け椅子です。
子供用だと聞きましたが、座高が41.5cmあるので大人の椅子としても違和感ありません。以前入荷した肘掛け椅子同様、脚部のバーに足を置いて座るのが一般的な座り方だそうです。また2脚セットであることもシンメトリー(左右対称)を基調とする中国様式です。
中国の椅子の本を見ると、デザインは明時代のもののようです。余計な装飾がなく直線とゆるやかな曲線が用いられています。
中国の椅子ですが、ヨーロッパのアンティークやデザイン家具などと合わせて使うことで一層その雰囲気が際立ち、面白い空間ができるのではないかと思います。
2脚ありますので、セットでお使いいただくことをお勧めします。

chinese arm chair for child / 中国の子供用肘掛椅子

2015.07.17 Fri

アールデコの邸宅美術館+ART DECO COLLECTORS~アール・デコに魅せられたコレクターたち

東京都庭園美術館にて「アールデコの邸宅美術館+ART DECO COLLECTORS~アール・デコに魅せられたコレクターたち」
開催されます。特別鑑賞会のご案内を頂いたので、昨日一足お先に見に行ってきました。

今回の企画は庭園美術館というアールデコ建築の中を、美術館が所蔵する家具・調度品を本来の邸宅として空間を再現するというもの。同時に、国内のアールデココレクター達のコレクションを多数展示し、アールデコの魅力をより一層感じることができる企画です。詳しくはこちらの東京都庭園美術館の特設サイトをご覧ください。→こちら

個人コレクターの家具はその品質や保存状態の美しさには驚きでした。とても美しいものばかりです。上海の家具はそれらに比べるといろいろな差はあるとは感じましたが、やはり当時の時代の勢いや雰囲気を感じさせてくれる独特で面白いものだなと、改めて確認することができ個人的にもとても勉強になる企画展でした。

今回の企画展、なんと撮影を自由にしていいのだとか。ただし、平日のみ、また本館の展示のみだそうですので、ご注意ください。

アールデコの邸宅美術館+ART DECO COLLECTORS~アール・デコに魅せられたコレクターたち
東京都庭園美術館
展示会期 7/18(土)〜9/23(水・祝)
会館時間 10:00〜18:00 ※毎週金曜日は21:00まで
休館日 毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)

照明

撮影オッケーとのことでしたが、撮った写真はこちらの1枚。本館一階の大食堂の照明です。パインとイチジク?パインとドリアン?忘れましたが、素敵な照明でした。

2015.07.16 Thu

shanghai ART DECO sideboard / 上海アールデコ サイドボード

上海アールデコのサイドボードをアップしました。
これぞ上海アールデコといったような製品ではないでしょうか。現存する上海租界時代の建築のような佇まいです。
両側収納のアールと扉に施された彫刻、特徴的な脚部。そして宙に浮いたような中央の収納。それぞれの木製の取手もまた面白いです。奥行きがあるので収納としては機能的、また天板も広いので飾ることで空間をまた楽しませてくれます。
これがあるだけで空間を一気に変えてくれそうな、そんな格別な風合いと雰囲気があると思います。

shanghai ART DECO sideboard / 上海アールデコ サイドボード

2015.07.14 Tue

old shanghai desk 老上海デスク

老上海のデスクです。
袖は引き出しに、もう片袖は棚になっているという機能的で珍しい形をしています。サイズはデスクとして申し分なく、引き出しの収納量もあります。棚になった方は手前からも真横からも使えるようになっています。資料や書籍から小物などを飾る用途としても使えますね。全体の風合いも素晴らしいです。

old shanghai desk with shelf / 老上海 デスク

2015.07.13 Mon

relife+

7/14日発売、扶桑社さんから発売される、別冊住まいの設計 relife+(リライフプラス)vol.18、P144「リノベした空間に置きたい!リノベのアイデアが見つかる!Antique&Vintage Furniture Shop Guide」で on the shore のお店を取り上げて頂きました。
是非書店等でお手に取ってご覧くださいませ。
relife+

記事でも書いていただきましたが、on the shore はただの中国/上海アンティーク家具屋ではございません。そこにモダンデザインのプロダクトや日本のクラフト作家のオブジェ照明、モロッコやインドのヴィンテージラグマットを合わせるといった、流行りやブランド・デザイナーなどにとらわれない自由な空間作りを提案するお店です。webサイトで掲載している商品以外にも多数お取り寄せできる家具や小物、またラグやカーテンなどインテリアのコーディネートも承っております。お気軽にご相談ください。